世古口消化器内科 なぎさまち診療所
Tel.059-226-3030 苦痛の少ない!細径スコープ お知らせ 当院の理念 当院のご案内 Webカルテ お問い合わせ
胃腸内科 消化器内科 内科 肝臓専門外来 胃内視鏡 大腸内視鏡 超音波検査
胃内視鏡検査
正確でかつ苦痛の少ない胃内視鏡検査を目指して
正確でかつ苦痛の少ない胃内視鏡検査を目指して 当院では、超高画質タイプの最新電子内視鏡システムを導入し、病変の早期発見や正確な診断を行っております。また、苦痛なくより快適に内視鏡検査を受けられるように、患者様自らが以下の検査法を選択して頂いております。

【従来の検査法(経口胃内視鏡検査)】
喉の局所麻酔のみで行います。検査には太さ9.4mmの従来のスコープを使用します。画質に優れ詳細な観察が可能です。検査に慣れた方の場合は、楽に検査を終えることができますが、初めての方や喉の反射が強い方(歯科治療や歯磨きですぐに吐きそうになる方)は苦痛を伴うことがあります。

【細径スコープによる経鼻内視鏡】
細径スコープ より詳しい情報 最新の細いスコープ(太さ5.9mm)を鼻から喉にすべりこませて、十二指腸まで挿入する方法です。従来の検査法では喉を通る時のむせ込みが苦痛の原因となりますが、鼻から入れた場合むせ込むことはほとんどありません。患者様とお話しながら検査を行うことも可能です。なお、鼻と喉の局所麻酔をして、あらかじめチューブで鼻の通過を確認してから検査を始めます。

【鎮静剤使用による無意識下での検査】
以上の方法で不安を感じる方には、検査直前に鎮静剤を注射して眠りに近い状態で検査を受けられる方法をお勧めします。俗に言う『全身麻酔での内視鏡検査』ですが、麻酔薬ではなく精神安定剤を使用します。眠りからさめたら検査は終っています。眠りからさめる時間は、通常1〜3時間です。なお、鎮静剤注射で呼吸状態が不安定となることがまれにあります。その対処として、当院では呼吸心拍監視装置で呼吸状態を把握しながら安全に検査を行っております。
内視鏡治療
内視鏡検査で胃ポリープが発見され、内視鏡的切除が必要と判断された場合、内視鏡的に切除を行います。最近では、早期がんに対する粘膜切除も積極的に行っております。
検査前処置の進め方と注意事項
胃内視鏡検査は電子スコープを口より挿入し胃の内面(粘膜)を直接観察し診断する検査方法です。胃内に食物が残っていると観察が不十分となるため、前日夜より絶食にする必要があります。

【経口胃内視鏡検査】
1) 検査前日の午後9時以降は絶食として下さい。タバコも控えて下さい。
2) 検査当日の朝、心臓や血圧などのお薬は服用してください。
3) 女性の場合、口紅はつけずにおいで下さい。入れ歯は、検査前にはずしておいて下さい。
4) 検査前に胃内の泡を取り除く液状の薬剤と胃粘液を溶かす薬剤を服用します。
5) 喉の麻酔のためゼリー状の局所麻酔薬を口に含んで頂きます。歯科の麻酔注射で副作用が出た経験をお持ちの方はお申し出下さい。
6) 検査前に一時的に胃の動きを止める注射をします。心臓病、甲状腺機能亢進症、前立腺肥大症、緑内障、薬アレルギー、慢性肺疾患で治療を受けている方は、副作用が出現する恐れがあります。注射前にお申し出下さい。
7) 検査直前にスプレー式の局所麻酔薬を口腔内に噴霧します。
8) 検査終了後約1時間はのどの麻酔が効いていますので、食事・水分などはとらないで下さい。(気管につまる恐れがあります)
9) 自動車等の運転は、検査後1時間ほど控えて下さい。

【経鼻胃内視鏡検査】
1) 検査前日の午後9時以降は絶食として下さい。タバコも控えて下さい。
2) 検査当日の朝、心臓や血圧などのお薬は服用してください。
3) 入れ歯は、検査前にはずしておいて下さい。
4) 検査前に胃内の泡を取り除く液状の薬剤と胃粘液を溶かす薬剤を服用します。
5) 検査10分前にスプレー式血管拡張剤を鼻腔内に噴霧します。
6) 検査前に内視鏡を用いて左右鼻腔内を十分に観察して挿入側を決定します。
7) 挿入側の鼻腔内にゼリー状の局所麻酔薬を注入し、次に太さの違う2本のチューブを細い方から順に挿入しそれぞれ2分間留置します。歯科の麻酔注射で副作用が出た経験をお持ちの方はお申し出下さい。
8) 検査前に一時的に胃の動きを止める注射をします。心臓病、甲状腺機能亢進症、前立腺肥大症、緑内障、薬アレルギー、慢性肺疾患で治療を受けている方は、副作用が出現する恐れがあります。注射前にお申し出下さい。
9) 検査直前にスプレー式の局所麻酔薬を口腔内に噴霧します。
10) 検査終了後約1時間はのどの麻酔が効いていますので、食事・水分などはとらないで下さい。(気管につまる恐れがあります)
11) 自動車等の運転は、検査後1時間ほど控えて下さい。

【全身麻酔を使用する場合の注意事項】
当院では検査時の苦痛を取り除く目的で、ご希望により軽い全身麻酔を行います。(通常ご希望がなければ、全身麻酔は行いません。)
1) 気管支喘息・慢性肺疾患の方、80歳以上のお年寄りには原則として使用できません。
2) 麻酔時の安全確保のため、検査中は点滴を行い呼吸監視装置を使用します。
3) 検査後1〜2時間は麻酔が効いています。その間は、処置室にてお休み頂きます。当日は自動車等の運転あるいは危険を伴う労働はできません。
4) 麻酔がさめた時、頭痛や吐き気が出ることがありますが、大部分が一時的なものです。
内視鏡装置

【内視鏡診断装置】
フジノン東芝社製(現フジフィルム社製)フルデジタル電子内視鏡システム
分光画像処理機能 FICE
【使用スコープ】
上部消化管用汎用スコープ2本(EG-590WR、EG-410HR)、経鼻上部消化管用極細径スコープ2本(EG-530N、EG-530NW)、下部消化管用汎用スコープ1本(EC-590WM 3)
【画像ファイリングシステム】
住商情報システム社製(現フジフィルム社製)画像ファイリングシステム
【スコープ自動洗浄・消毒装置】
カイゲン社製洗浄・消毒装置CLEANTOP WM-S
【ポリープ・粘膜切除用高周波電気メス】
ERBE社製高周波発生装置ICC50


【内視鏡消毒の必要性】
使用した内視鏡スコープを介して細菌やウイルスが感染する事例が報告されています。B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、エイズウイルス等の各種ウイルス感染はもとより、最近では胃潰瘍や胃がん発生の原因となる得る細菌ヘリコバクター・ピロリによる内視鏡検査後の感染が問題視されております。それらの感染を積極的に防止するため、当院ではスコープ自動洗浄・消毒装置を導入しております。検査毎にスコープの消毒を徹底していますので、安心して検査を受けてください。