世古口消化器内科 なぎさまち診療所
Tel.059-226-3030 苦痛の少ない!細径スコープ お知らせ 当院の理念 当院のご案内 Webカルテ お問い合わせ
胃腸内科 消化器内科 内科 肝臓専門外来 胃内視鏡 大腸内視鏡 超音波検査
大腸内視鏡検査
正確でかつ苦痛の少ない大腸内視鏡検査を目指して
大腸内視鏡検査は、非常に苦痛とお考えになられていると思われます。苦痛の原因は、検査前の腸管洗浄剤(下剤)大量服用と検査時の腹痛にあります。大量の腸管洗浄剤服用は避けられませんが、頻回の排便に苦痛を感じられる方も多いと思います。当院では、シャワートイレ完備の個室で腸管洗浄剤を服用して頂き、前処置時の快適性を追及しています。また、検査時の腹痛は、スコープが腸管の曲がり角を通過する際に腸管が過度に伸展された場合や過度の空気注入による腸管の拡張により発生します。ゆっくりと優しく挿入し腸管に負担をかけない確かな技術が要求されます。大腸内視鏡検査は検査医師の技量に大きく差が出る検査です。院長の豊富な経験で検査時の苦痛を軽減できるよう常に心がけております。それでも不安を感じられる方には、胃内視鏡検査と同様に鎮静剤使用による無意識下での検査をお勧めします。
内視鏡治療
内視鏡検査で大腸ポリープが発見され、内視鏡的切除が必要と判断された場合、内視鏡的に切除を行います。最近では、早期がんに対する粘膜切除も積極的に行っております。
大腸ポリープ切除術について
内視鏡観察の先端から切除器具(高周波電気メス)を出してポリープを切除する方法で、良性ポリープから早期大腸ガンまでが切除の対象となります。電気メスを使うとはいっても粘膜内に神経は通ってないため、切除する際の痛みは感じません。
検査前処置の進め方と注意事項
【前日】
検査前日の夕食は消化のよい食事(うどん、とうふ、はんぺん、白身魚など)を食べ、午後9時頃下剤を服用して下さい。午後9時以降は絶食です。
検査前処置の進め方と注意事項 【当日】
1) 絶食のうえ、午前8時30分〜9時にご来院下さい。
2) 検査当日の朝、心臓や血圧などのお薬は服用してください。
3) 午前9時よりシャワートイレ完備の個室にて腸管洗浄剤(水薬)を2000cc飲んで頂きます。一気のみは避け、約10分ごとに200ccずつコップに移しお飲み下さい。途中、排便が下痢状態となり、3〜5回の排便で最後は黄色透明な便になります。(腸管洗浄剤は水薬ではなく錠剤を使用する場合もあります)
4) 十分な排便の後、午後1時頃より順次検査を行います。検査室までご案内します。
5) 検査直前に一時的に腸の動きを止める注射をします。心臓病、甲状腺機能亢進症、前立腺肥大症、緑内障、薬アレルギー、慢性肺疾患で治療を受けている方は、副作用が出現する恐れがあります。注射前にお申し出下さい。
6) 検査後は、排ガスの後おなかの張りをとってから食事をして下さい。
7) 自動車等の運転は、検査後1時間ほど控えて下さい。
※検査には前処置を含めて5〜6時間を要します。
内視鏡的大腸ポリープ切除術の実際
内視鏡観察の先端から切除器具(高周波電気メス)を出してポリープを切除する方法で、良性ポリープから早期大腸ガンまでが切除の対象となります。電気メスを使うとはいっても粘膜内に神経は通ってないため、切除する際の痛みは感じません。この手技の合併症としては、切除部からの出血や大腸穿孔(大腸壁に穴が開くこと)等があり、処置後に開腹手術が必要となることが稀にあります。ポリープの形態によって切除方法が若干異なります。次にその手技について説明します。

【ポリープに茎がある場合】
ポリープに茎があるキノコ型のポリープでは通常の内視鏡的ポリープ切除術(ポリペクトミー)を行います。ポリペクトミーの手技を紹介します。
〈1〉S状結腸に15mm大の有茎型ポリープが観察されました。
〈2〉スネアと呼ばれる高周波電気メスカテーテルを内視鏡先端より出してポリープに近づけます。手元の操作でカテーテル内に収納してある高周波電極(輪状の金属ワイア)を出してポリープの茎部分までかぶせます。
〈3〉手元の操作で高周波電極をカテーテル内に収納することでポリープの茎部分を締めるように掴むことができます。
〈4〉ポリープ茎を把持した状態で高周波電極に通電すると、粘膜は切開されポリープ頭部は切離されます。
ポリープに茎がある場合

【ポリープに茎がない場合】
茎がない平坦なポリープの中には早い段階からガン化する非常に危険なポリープが含まれます。このような、平坦型ポリープの切除には内視鏡的粘膜切除術(EMR)が有用です。ここでは内視鏡的粘膜切除術(EMR)の手技を紹介します。
〈1〉回盲弁に10×20mm大の平坦型ポリープが観察されました。
〈2〉ポリープ周囲の粘膜に穿刺針(カテーテル)を刺入し水を注入して粘膜を盛り上がらせます。これによって、ポリープを掴み易くさせる効果と止血の効果が期待できることと、粘膜が剥ぎ取り易くなります。
〈3〉内視鏡スネアをポリープ全体を囲む様にして押しつけます。手元の操作でスネア先端のリング状メスを絞り込み、ポリープ周囲の粘膜を締めるように把持します。
〈4〉スネアに通電することでポリープは切離されます。
ポリープに茎がない場合

【早期大腸癌粘膜切除】
ガンに進行する前に早期発見して腺腫(ポリープ)の段階で切除することが望ましいのは言うまでもありませんが、早期の大腸ガンであれば同様の方法で内視鏡切除が可能です。
〈1〉直腸に25mm大の早期直腸ガンが発見されました。
〈2〉通常のEMRと同様にガン周囲の粘膜に穿刺針を刺入し水を注入して粘膜を盛り上がらせます。なお、粘膜が十分に盛り上がらない場合は、ガンが深部に進行している可能性があり切除を断念する場合があります。
〈3〉スネアをガン全体を囲む様にして押しつけます。ここでは、ガンからある程度の距離をおいて正常粘膜ごと切除する必要があります。高周波電気メスは広範囲にかけて把持し通電します。
〈4〉切除後の観察で、切除部からの出血が確認されました。高周波凝固で止血困難なため、止血用内視鏡クリップを用いて止血しました。
早期大腸癌粘膜切除
【内視鏡診断装置】
フジノン東芝社製(現フジフィルム社製)フルデジタル電子内視鏡システム
分光画像処理機能 FICE
【使用スコープ】
上部消化管用汎用スコープ2本(EG-590WR、EG-410HR)、経鼻上部消化管用極細径スコープ2本(EG-530N、EG-530NW)、下部消化管用汎用スコープ1本(EC-590WM 3)
【画像ファイリングシステム】
住商情報システム社製(現フジフィルム社製)画像ファイリングシステム
【スコープ自動洗浄・消毒装置】
カイゲン社製洗浄・消毒装置CLEANTOP WM-S
【ポリープ・粘膜切除用高周波電気メス】
ERBE社製高周波発生装置ICC50


【内視鏡消毒の必要性】
使用した内視鏡スコープを介して細菌やウイルスが感染する事例が報告されています。B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、エイズウイルス等の各種ウイルス感染はもとより、最近では胃潰瘍や胃がん発生の原因となる得る細菌ヘリコバクター・ピロリによる内視鏡検査後の感染が問題視されております。それらの感染を積極的に防止するため、当院ではスコープ自動洗浄・消毒装置を導入しております。検査毎にスコープの消毒を徹底していますので、安心して検査を受けてください。